NPO法人元気プログラム作成委員会主催 カウンセリング心理士養成講座要項

カウンセリング研修センター 学舎ブレイブ 運営 NPO法人元気プログラム作成委員会 東京都小金井市本町2-20-18-102 042-207-6885 NPO法人元気プログラム作成員会主催 カウンセリング研修センター学舎ブレイブ カウンセリング心理士養成講座 要項 カウンセリング心理士養成講座開講にあたり カウンセリング研修センター学舎ブレイブ。NPO法人元気プログラム作成委員会はこの学舎で、 9年間にわたり不登校など学校不適応で悩む子ども・若者達、約1600名を支援してきました。そ の95%以上の子どもたちは課題を解消し、学校や新しい場で元気に過ごすようになっています。 また、東北大震災・熊本地震で被災した子どもたち1000名以上の心のケアを実施してきました。 2022年からは、従来のカウンセリング・適応指導・学習支援・教員研修という事業の他に、新型コ ロナウイルス感染拡大などで先が見えない不安からカウンセラー(心理士)の需要拡大が予想さ ます。 そのため、一般社団法人日本カウンセリング学会のカウンセリング心理士養成講座を新たな事 業として開講いたします。 これは、カウンセリング心理士の最新の養成カリキュラムに則った養成講座です。 NPO法人元気プログラム作成委員会 理事長 小林正幸

カウンセリング心理士とは 「カウンセリング心理士(旧称:認定カウンセラー)」は、一般社団法人日本カウンセリング学会が認定する カウンセラーのことです。 日本カウンセリング学会は、カウンセリングを通して、国民の教育、健康、福祉の向上に貢献し、あわせて カウンセリングの研究と実践の進歩と発展に資するため、昭和61年(1986年)から「認定カウンセラー」の認 定業務を行ってきました。2021年から、「認定カウンセラー」は、「カウンセリング心理士」に名称を改め、同 時に、時代に即応したカウンセリング心理士養成の新カリキュラムに改訂し、カウンセリング心理士養成を 開始しています。 本学会のカウンセリング心理士は、実践だけではなく研究にも強いという特徴があります。カウンセリング 心理士会という職能団体を組織してカウンセリングの研修を続けるとともに、学会にも所属して最新のカウ ンセリング理論やスキルの研鑽を積み重ねています。 カウンセリング心理士の資格取得申請には、試験方式と推薦方式があり、それぞれの規定の条件を満た す必要があります。 (一般社団法人 日本カウンセリング学会資格委員長小林正幸が説明を加えました) 一般社団法人 日本カウンセリング学会とは 日本カウンセリング学会は、1967年に設立された、日本学術会議協力学術研究団体で、カウンセリングの 全領域にわたる我が国唯一の学会です。現在、カウンセリングの研究・教育・実践の専門家 3,500名を会 員としています。 ご承知のとおり、カウンセリングは心理療法と共有する側面もありますが、そのウエイトは個人・集団・組織 の成長発展と問題発生の予防にあると考えられます。それゆえ現今は産業、教育、福祉、司法、厚生、医 療等の各分野に広く用いられ、ますます重要性が認識されてきています。それにこたえ、本学会では、カウ ンセラーの資質の向上の為、学会認定カウンセラー制度をととのえており、各界から、この制度に対する期 待がよせられています。 またカウンセリング研究を盛んにするため、外国人を招いて研修会や講演会を開催しています。研究発表 の場としては、年1回の年次大会の開催と、機関誌”カウンセリング研究”を年3回発行し、会員に配布して います。またカレントな情報は”日本カウンセリング学会会報“として年間3回会員にお届けします。 (一般社団法人 日本カウンセリング学会HPより) 注)「認定カウンセラー」は、2021年に「カウンセリング心理士」に名称を改めました。 注)カウンセリング心理士の名称変更と同時に、養成カリキュラムを大幅に改訂し、 新しい養成カリキュラムが編成され、すでに学会やカウンセリング心理士会では それに基づく研修会が開催されています。 NPO法人元気プログラム作成委員会主催のカウンセリング心理士養成講座とは 一般社団法人日本カウンセリング学会が定めるカウンセリング心理士養成カリキュラム(右ページ参照)の うち太字部分 A領域の①③⑥ B領域の①②③④ D領域の①②③ F領域の①を担当します。 そのため、第一期講座と第二期講座に参加した場合は、A領域の①とD領域の①②を修了・第三期講座に 参加した場合は、A領域の③⑥ B領域の①②③④を修了・第四期講座に参加した場合は、D領域の③F領 域の①を修了したことになります。 なお、本講座受講者は受講後レポート提出が必須となり、未提出の場合は単位の振替ができませんので、 ご注意ください。 カウンセリング心理士養成カリキュラム (参考資料 一般社団法人日本カウンセリング学会HPより) Ⅰ 一般会員対象 〔合計 210 時間(14 単位)以上〕 ここに挙げた時間数(単位数)は本学会が各地で行なっている「カウンセリング研修会」や大学学部などで取得した単位である。教育委員会や 民間機関などにおけるカウンセリング研修は、資格認定委員会で講師・研修時間・研修内容などを検討の上、適切な場合には振替えを認める こととする。 ※印の科目(内容)は必修科目である。ただし、研修内容が各領域の内容に合致していれば、科目名は異なっても差し支えない。 ※印以外の科目(内容)は、ここに挙げられている科目(内容)以外でも、A~Eの各領域に含まれるものであれば認められる。 A カウンセリング心理学 〔45 時間(3単位)〕 ①~⑤は必修。 (1)研修科目(例) ※① カウンセリングの理論と実際 20 時間 ※② 来談者中心的アプローチ 2.5 時間 ※③ 認知行動的アプローチ 2.5 時間 ※④ 精神分析的アプローチ 2.5 時間 ※⑤ システムズ・アプローチ(家族カウンセリング) 2.5 時間 ⑥ 現代のカウンセリング理論・技法 15 時間 B カウンセリング・アセスメント 〔30 時間(2単位)〕 (1)研修科目(例) ※① 心理アセスメント概論 5 時間 ※② 心理アセスメントの理論と実際(ケースフォーミュレーション) 10 時間 ※③ 心理検査の理論と実際 5 時間 ※④ 発達障害アセスメント 5 時間 ※⑤ 精神医学・心身医学アセスメント 5 時間 C カウンセリング研究法 〔15 時間(1単位)〕 (1) 研修科目(例) ① カウンセリング研究法の理論と実際 5 時間 ② 量的研究の理論と実際 5 時間 ③ 質的研究の理論と実際 5 時間 (2) 研修内容 D カウンセリング演習 〔45 時間(3単位)〕 演習とは、研修会や授業などでカウンセラーになるために行う体験学習(ロールプレイングなど)をいう。 ①・②は必修、各 15 時間以上履修すること。 (1)研修科目(例) ※① カウンセリング演習 ※② グループ体験 ③ 事例研究 E カウンセリング実習 〔60 時間(4単位)〕 実習とは、カウンセリング面接やグループ体験などの実際の場面でカウンセラーやファシリテーターとして活動した体験をいう。 研修科目の①~③は選択必修。本学会が定めるスーパーバイザーや本学会が認めるスーパーバイザーから内容のあるスーパービジョンを 4回以上受けること。事例の概要とスーパーバイザーの意見書を添えて申請時に提出すること。 なお、時間数にはスーパービジョンを受けた時間だけでなく、カウンセリングやグループに関する準備・実施の時間を含む。4回分を提出すれ ば60時間実施したとみなされる。 (1)研修科目(例) ① スーパービジョン ② グループ・スーパービジョン ③ カウンセリング実習 F カウンセリング諸領域 〔15 時間(1 単位)〕 ①~⑥は選択必修。 (1)研修科目(例)(公認心理師科目にも対応) ①保健医療分野のカウンセリング ②福祉分野のカウンセリング ③教育分野のカウンセリング ④司法・犯罪分野のカウンセリング ⑤産業・労働分野のカウンセリング ⑥コミュニティ・カウンセリング NPO法人元気プログラム作成委員会主催のカウンセリング心理士養成講座の内容 日本カウンセリング学会、カウンセリング心理士養成カリキュラムへの単位振替 カウンセリングの理論と実際(10時間) A領域① D領域① カウンセリング演習(15時間) D領域① カウンセリングの理論と実際(10時間)・グループ体験(15時間) A領域① グループ体験(15時間) D領域② 認知行動的アプローチ+アドバンス(5時間) A領域③⑥ カウンセリング・アセスメント(25時間) B領域①②③④ 事例研究(15時間) D領域③ 保健医療分野のカウンセリング(15時間) F領域① 日本カウンセリング学会 カウンセリング心理士養成カリキュラムへの単位振替 早見表 第一期講座 第二期講座 第三期講座 第四期講座

第一期講座 全25時間 カウンセリングの理論実践 15時間 カウンセリング演習 10時間 内 容 ・カウンセリングの理念と歴史 カウンセリングの誕生と発展の歴史を知り、理念を身につける。 ・カウンセラーの社会的責任・倫理 カウンセリングに携わる者としての責任や倫理を知り、身につけることに留まらず、カウンセラーとしての人間観、職業 観を確立し、絶えず自己研鑽する機会の必要性を理解する。 ・カウンセラーの職務と関連領域 各領域の職務を理解するのに留まらず、カウンセラーとは何をなすもので、何のためにカウンセリングを用いるのか、 自身はどのようなカウンセラーであるべきかの吟味を行う。また、各領域で協働する他職種を理解し、連携のあり方に ついて、社会的責任や倫理の観点から考察する。 ・カウンセリングプロセスの理論と実際 カウンセリングの開始から終結までのカウンセリングプロセスの理論を理解した上で、各段階での留意点を分かるために 適宜ロールプレイングなどを用いながら、カウンセリングプロセスの実際について触れ理解する。 ・カウンセリング演習 基本的傾聴の技法の演習、行動変容を促す技法の演習。演習の方法は、ロールプレイング、紙上応答訓練、録音テープ やビデオを用いた面接の訓練、模擬面接および面接場面の逐語録作成、分析などを行う。 NPO法人元気プログラム作成員会主催 カウンセリング心理士養成講座 2022年2月~6月までの予定 募集人数 10名 (先着順 ・ 対面形式) 対象 : 大学生以上 受講料 20万円 (教材費込み) 開催地 カウンセリング研修センター学舎ブレイブ 東京都小金井市本町 2-20-18-102 ※原則対面形式での講座ですが、 概論や理論の部分は Zoom も用いたハイブリッド方式を行います。 ※オンラインでの受講の場合、 演習やグループ体験は一部参加できませんのでご注意ください。 ※オンラインのみの受講を希望する場合の受講料は、 10 万円 (教材費込み) です。 申し込み方法 裏面の申し込み用紙に必要事項を記入の上、 郵送 ・ ファックス ・ メールにてお申し込みください。 第二期講座 全25時間 カウンセリングの理論と実践 15時間 グループ体験 10時間 内 容 ・グループ的アプローチ 「集団力学」「集団カウンセリングの知識と技術」のみならず、「ファシリテ-ション」「リーダーシップの理論」なども理解 する。「グループ体験」のみならず、「ファシリテーション体験」「心理教育を行う体験」なども行う。 ・生涯発達理論と実際 各発達段階でどのような課題があり、発達に伴った人生全般にわたって起きる危機と、その危機の乗り越え方、さらに ストレスにしなやかに関わるレジリアンスの育成などについて学ぶ。知識獲得だけではなく、自身のライフヒストリーを 重ねるなどで、自己理解を促す機会も設ける。 ・キャリア・カウンセリングの理論と実際 キャリアの開発プロセスの実践に関する理論と技術を獲得し、キャリア発達やキャリア教育の全てを俯瞰する。キャリア の課題を、生涯発達の文脈の中でしっかりと扱うことを、カウンセリングの大きな専門性の一つと理解する。 ・カウンセラーのコンピテンシーとスーパービジョン カウンセラーとして身につけるべき資質や能力を、実践的なレベルで理解し、スーパービジョンの必要性を理解する。 ・グループ体験 グループ、構成的グループ・エンカウンター、アサーション・トレーニング、SSTなどを体験する。 講 師 小林正幸 東京学芸大学教授 専門は教育臨床心理学 公認心理師 臨床心理士 学校心理士 カウンセリング心理士スーパーバイザー 日本カウンセリング学会常務理事 学校メンタルヘルス学会評議員 EMDR学会理事 NPO 法人元気プログラム作成委員会理事長 講 師 小林正幸 東京学芸大学教授 専門は教育臨床心理学 公認心理師 臨床心理士 学校心理士 カウンセリング心理士スーパーバイザー 日本カウンセリング学会常務理事 学校メンタルヘルス学会評議員 EMDR学会理事 NPO 法人元気プログラム作成委員会理事長 募集人数 10名 (先着順 ・ 対面形式) 対象 : 大学生以上 受講料 20万円 (教材費込み) 開催地 カウンセリング研修センター学舎ブレイブ 東京都小金井市本町 2-20-18-102 ※原則対面形式での講座ですが、 概論や理論の部分は Zoom も用いたハイブリッド方式を行います。 ※オンラインでの受講の場合、 演習やグループ体験は一部参加できませんのでご注意ください。 ※オンラインのみの受講を希望する場合の受講料は、 10 万円 (教材費込み) です。 申し込み方法 裏面の申し込み用紙に必要事項を記入の上、 郵送 ・ ファックス ・ メールにてお申し込みください。 開催時間 内容 10時から12時半 カウンセリングの理念と歴史 13時半から16時 カウンセリング演習1 10時から12時半 カウンセラーの社会的責任・倫理 13時半から16時 カウンセリング演習2 10時から12時半 カウンセラーの職務と関連領域 13時半から16時 カウンセリング演習3 10時から12時半 カウンセリングプロセスの理論と実際1 13時半から16時 カウンセリング演習4 10時から12時半 カウンセリングプロセスの理論と実際2 13時半から16時 カウンセリング演習5 3月27日 日曜日 3月6日 日曜日 開催日 2月13日 日曜日 2月23日 水曜日 3月13日 日曜日 開催時間 内容 10時から12時半 グループ的アプローチ1 13時半から16時 グループ体験1 10時から12時半 グループ的アプローチ2 13時半から16時 グループ体験2 10時から12時半 生涯発達理論と実際 13時半から16時 グループ体験3 10時から12時半 キャリア・カウンセリングの理論 13時半から16時 グループ体験4 10時から12時半 カウンセラーのコンピテンシーとスーパービジョン 13時半から16時 グループ体験5 6月12日 日曜日 5月15日 日曜日 6月5日 日曜日 開催日 4月24日 日曜日 5月8日 日曜日

第三期講座 全30時間 認知行動的アプローチ 5時間 カウンセリング・アセスメント 25時間 内 容 ・認知行動的アプローチ および 認知行動的アプローチアドバンス ・心理アセスメント概論 心理アセスメントとは、心理検査、面接法、観察法などを理解する。 ・心理アセスメントの理論と実践 インシデントプロセス法、付箋法、セブンクロス法などを用いて、提示事例の限られた情報の中で当座の見立てを立て、支援 に必要な心理アセスメント方法の特定、ケースフォーミュレーションなどを理解する。 ・心理検査の理論と実践 心理検査とは、心理検査の種類、発達検査、知能検査、性格検査〔質問紙法、投影法、作業検査法〕、適性検査、学習法検査 心理検査の利用法などを理解する。 ・発達障害アセスメント 知的障害・知的能力障害(MR)、自閉スペクトラム症(自閉スペクトラム症候群、ASD)、極限性学習症(学習障害、LD)、注意 欠如・多動症(注意欠如/多動性障害、ADHD)などを理解する。 第四期講座 全30時間 カウンセリング演習 事例研究 15時間 カウンセリング諸領域 保健医療分野のカウンセリング特論 15時間 内 容 ・カウンセリング演習 事例研究:事例に関するグループでの研究協議、事例は他のメンバーが提出したものや、すでに公表されたものでも よい。事例研究を通して、事例の捉え方などを研修する。 ・保健医療分野のカウンセリング特論 保健医療分野のカウンセリングの理論と実践 講 師 小林正幸 東京学芸大学教授 専門は教育臨床心理学 公認心理師 臨床心理士 学校心理士 カウンセリング心理士スーパーバイザー 日本カウンセリング学会常務理事 学校メンタルヘルス学会評議員 EMDR学会理事 NPO 法人元気プログラム作成委員会理事長 早川恵子 都留文科大学講師 カウンセリング研修センター学舎ブレイブ室長 公認心理師、 臨床発達心理士 学校心理士、 ガイダンスカウンセラー 日本カウンセリング学会カウンセリング心理士 講 師 小林正幸 東京学芸大学教授 専門は教育臨床心理学 公認心理師 臨床心理士学校心理士 カウンセリング心理士スーパーバイザー 日本カウンセリング学会常務理事 学校メンタルヘルス学会評議員 EMDR学会理事 NPO 法人元気プログラム作成委員会理事長 早川恵子 都留文科大学講師 カウンセリング研修センター学舎ブレイブ室長 公認心理師、 臨床発達心理士 学校心理士、 ガイダンスカウンセラー 日本カウンセリング学会カウンセリング心理士 副島賢和 昭和大学保健医療学部准教授 昭和大学附属病院 院内学級 担当 学校心理士 SV 院内学級での活動が、 NHK プロフェッショナル 「仕事の流儀」で取り上げられる。 講師 開催時間 内容 10時から12時半 認知行動的アプローチ 13時半から16時 認知行動的アプローチ アドバンス 10時から12時半 心理アセスメント概論 13時半から16時 心理アセスメント概論 10時から12時半 心理アセスメントの理論と実践 13時半から16時 心理アセスメントの理論と実践 10時から12時半 心理アセスメントの理論と実践 13時半から16時 心理アセスメントの理論と実践 10時から12時半 心理検査の理論と実践 13時半から16時 心理検査の理論と実践 10時から12時半 発達障害アセスメント 13時半から16時 発達障害アセスメント 小林正幸 早川恵子 早川恵子 早川恵子 早川恵子 早川恵子 日曜日 開催日 7月24日 日曜日 7月31日 日曜日 8月11日 木曜日 8月21日 日曜日 9月11日 日曜日 9月25日 NPO法人元気プログラム作成員会主催 カウンセリング心理士養成講座 2022年7月~12月までの予定 講師 開催時間 内容 10時から12時半 事例研究の理論と実際1 13時半から16時 カウンセリング演習(事例研究)1 10時から12時半 事例研究の理論と実際2 13時半から16時 グループ体験(事例研究)1 10時から12時半 クループ体験(事例研究)2 13時半から16時 グループ体験(事例研究)3 10時から12時半 保健医療分野のカウンセリング 13時半から16時 保健医療分野のカウンセリング 10時から12時半 保健医療分野のカウンセリング 13時半から16時 保健医療分野のカウンセリング 10時から12時半 保健医療分野のカウンセリング 13時半から16時 保健医療分野のカウンセリング 12月18日 日曜日 小林正幸 小林正幸 早川惠子 小林正幸 早川惠子 副島賢和 副島賢和 副島賢和 11月13日 日曜日 11月27日 日曜日 12月11日 日曜日 開催日 10月16日 日曜日 10月30日 日曜日 募集人数 10名 (先着順 ・ 対面形式) 対象 : 大学生以上 受講料 20万円 (教材費込み) 開催地 カウンセリング研修センター学舎ブレイブ 東京都小金井市本町 2-20-18-102 ※原則対面形式での講座ですが、 概論や理論の部分は Zoom も用いたハイブリッド方式を行います。 ※オンラインでの受講の場合、 演習やグループ体験は一部参加できませんのでご注意ください。 ※オンラインのみの受講を希望する場合の受講料は、 10 万円 (教材費込み) です。 申し込み方法 裏面の申し込み用紙に必要事項を記入の上、 郵送 ・ ファックス ・ メールにてお申し込みください。 募集人数 10名 (先着順 ・ 対面形式) 対象 : 大学生以上 受講料 20万円 (教材費込み) 開催地 カウンセリング研修センター学舎ブレイブ 東京都小金井市本町 2-20-18-102 ※原則対面形式での講座ですが、 概論や理論の部分は Zoom も用いたハイブリッド方式を行います。 ※オンラインでの受講の場合、 演習やグループ体験は一部参加できませんのでご注意ください。 ※オンラインのみの受講を希望する場合の受講料は、 10 万円 (教材費込み) です。 申し込み方法 裏面の申し込み用紙に必要事項を記入の上、 郵送 ・ ファックス ・ メールにてお申し込みください。

申し込み講座 受講形式 生年月日 電話番号 携帯電話番号 メールアドレス 学歴 お勤め先 その他 講座申し込み方法 上記申込書を下記のいずれかの方法でお送りください。 申込書送付先 カウンセリング研修センター学舎ブレイブ 郵送の場合 〒184-0002 東京都小金井市本町2-20-18-102 ファックスの場合 042-207-6885 メールの場合 info@genpuro.com 注)郵送の場合は、ご面倒でもコピーを1枚とって送付してください。 受講料は下記口座にお振込みください。 受講料 一講座につき 20万円(教材費込み) ※ オンラインでの受講を希望される場合(一部受講できません。)の一講座の受講料10万円(教材費込み) ※ 三井住友銀行 小金井支店 普通 口座番号3945177 口座名義 特定非営利活動法人元気プログラム作成委員会 *「個人情報保護法」に基づき、本人の承諾を得ないで個人情報を第三者に提供することは致しません。 ご希望のこと等ございましたら、遠慮なくお書きください。 NPO法人元気プログラム作成委員会主催 カウンセリング心理士養成講座 申込書 申込日 2022年 月 日 西暦 年 月 日 お名前 フリガナ 第一期講座 ・ 第二期講座 ・ 第三期講座 ・ 第四期講座 対面形式 ・ オンライン形式※一部受講できません。ご注意ください。※ ご住所 フリガナ 〒 -

RkJQdWJsaXNoZXIy NDY3NTA=